コミック:D.T. 夏号発売

今回から季刊誌として続けようと思います。

よろしくお願い致します。

 

夏の終わりに夏号発売というのは少し変ですが、「あの夏」を思い返しながら僕は読みますよ。そうなんですよ。「暑い夏に誰かと見た映画」なので映画特集なんですよ。しかも中国映画という拗らせ具合なのですが。許してください。

 

今回は紙面を少し盛り上げております。ラインナップは以下の通りです〜

 

・映画と故郷 川又翔・

川又さんがツタヤで借りたウォン・カーウェイの「天使の涙」について、鑑賞後の体験と重ねて書いたエッセイです。映画については「三分の一」入っているのか分からない程度の分量ですが、一番いい映画というのは個人的な体験と“重なって見えてしまう”こと、その一種の没入体験を引き起こす装置として機能すること。文書では、そんな体験とフィクションが重なった形になっております。

 

・ヤリチンもジェラシー フランシス・ハツシバ

「童貞はジェラシー」の続編漫画になります。今回は職場の同僚であるヤリチン君が主人公。彼も色々とヤリチンなりの悩みを抱えている模様。「ヤリチンなんて晴れやかに女抱いてんだろ!」と悶々としている童貞の皆様に読んで頂きたい連載です。

 

・台湾人の「刺しちゃいたいほど愛してる」 宇集院山中・

ラジオパーソナリティー的立ち位置の宇集院さんによる映画雑記。最近、4Kレストア・デジタルリマスター版として蘇ったエドワード・ヤンの「クーリンチェ少年殺人事件」について宇集院さんなりに書き下して頂きました。こちらはどちらかといえばヤリチンの視点に近いかもしれませんが、恋愛での「支配/被支配」といった構造から読み取っています。それでも文体は、レコードに付いてる音楽解説の様になっているのでご安心してお読みください。

 

以上の三遍で今回はお送り致します。

 

毎度同じく、新宿、バー雨で販売しております。

少し高値ですが350円で売らせて頂きます。

ご了承ください。

 

もうすぐ九月になりますが二学期も引き続き「コミック:D.T.」をよろしくお願いいたします。

 

 

D.T.ナイト 7月14日 21時〜 Bar雨にて

「コミックD.T.」最新号の刊行に併せて、D.T.ナイトを2ヶ月ぶりにやろうと思います。

今回は童貞の中国映画特集といった内容です。なので、中華料理風の何かをお通しとして持って来ようかなぁと考えております。

主に美術よりも映画の内容が濃いので、映画に興味がある人もぽちぽち来て欲しい。

前回同様、チャージ代500円ぷらす酒代といったところです。

なお、今月号から本の販売を予約制にします。本の注文はツイッターのDMかメールアドレス(bashiba3244@gmail.com)で7月7日までにご連絡くださいませ。
 
お手数ですがよろしくお願い致します。

場所:新宿歌舞伎町 Bar雨

コミック:D.T. 4月号発売

コミック:D.T. 4月号が「タコシェ」、「Bar 雨」にて発売されました。

 

今月号はフランシス・ハツシバによる「童貞はジェラシー」が完結します。風俗店でどの様な行動をとるのか。童貞の人も童貞じゃないヤリチン以上、ヤリチン未満になってしまった人も必見の号になるかもしれません!あくまで予想ですが!

D.T.ナイト 4月26日 21時〜 Bar雨にて

フランシス・ハツシバ「童貞はジェラシー」完結ということで。

Bar雨で編集長自らバーテンとしてたちます。

チャージ代500円ぷらす酒代といったところです。

よろしくお願いいたします。

 

場所:新宿歌舞伎町 Bar雨

コミック:D.T. 3月号発売

コミック:D.T. 3月号が「タコシェ」、「Bar 雨」にて発売されました。

 

3月号の特集は村上裕さんのアーティストインタビューです。

村上さんは今年から東京藝術大学先端芸術表現科博士課程に在籍するアーティスト。前回掲載して頂いた《道程の歌》についてから国立奥多摩美術館で上映された《あなたの愛のために》まで「童貞」という視点から語り尽くして頂きました。

インタビューの中では「童貞」の対義語でもある「ヤリチン」についても触れております。互いに満たされない愛の欲求を何らかの手法で補うことについて考察を深めることができるでしょう。

 

「童貞はジェラシー」では、ついに童貞くんが風俗案内所の待合室に潜入!そこで遭遇した「見知らぬドン」とはどんな出会いを果たすのか!?乞うご期待!

中野、小売書店「タコシェ」にて販売開始

中野、小売書店「タコシェ」にて8月号(創刊号)、9月号の販売を開始致しました。8月号は3部、9月号は5部の販売となります。共に200円(税別)とバーでの販売価格と同じ設定に致しました。バーに買いに行けばお酒を飲むことになるのでチャージ代込みで2000円程かかります。そう思えば、こちらで買われた方が安上がりだと思います。なので、是非、この機会に中野までお買い求め頂けたらと思います。

 

中野はいい街なので。食べ歩きとかしながら買いに来るのをお勧めします。

 

タコシェ

(所在地) 中野ブロードウェイ 3F

(店舗URL)http://tacoche.com/

コミック : D.T. オフィシャルサイト開設

Bar 雨のバーテン、芝田さんから「『コミック:D.T.』は何をやっているのか分からない。」という話を受け。色々、自分の童貞期のことを振り返りつつ、「コミック:D.T.」について話せるブログを開設させて頂きました。よろしくお願い致します。